この冬絶対食べたい【札幌・すすきの】名物

2018年12月02日

1。味噌ラーメン発祥の店【味の三平 札幌】

札幌といえばまずは味噌ラーメン。
札幌では数えきれないほどの味噌ラーメン店がありますが、
中でも人気なのがすすきの駅から徒歩5分のところにある味噌ラーメンの発祥の店「味の三平」です。
初代店主が屋台ラーメンとしてスタートし、稼いだ資金で小さな屋台ラーメンから小さいなラーメン屋さんになりました。
そして、味噌を大事にしたい店主の思いがあり1948(昭和23)に「元祖味噌ラーメン」が完成されました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

贈り物 ギフト 札幌ラーメン!味の三平 味噌ラーメン 2食ギフトセット
価格:864円(税込、送料別) (2018/12/1時点)

 

楽天で購入

 

 

お店の情報

060-0061 北海道札幌市中央区南1条西3-2 大丸藤井セントラル4F

営業時間:11:00〜18:30

定休日:毎週月曜日・第2火曜日(時期によって〜不定休)

電話番号:
(店舗)011-231-0377
(お土産ラーメン地方発送)011-811-2297
(FAX)011-811-2810

ホームページ:ajino-sanpei.com

支払い:現金のみ



2。スープカレー発祥の地【スープカリー イエロー 札幌】

札幌は味噌ラーメン以外に「スープカレー」発祥の地でもあります。
サラサラしたカレーのルーに野菜がメインで具だくさんでボリューム感満点、
特に冬にピッタリ、心も温まります。

数えきれない程のスープカレー店の中でも「スープカリー イエロー」は大人気です。
スープカレー発祥の店ではないですが、
「スープカリー イエロー」はスープカレーの専門店で辛さは11段階から選べれます。
スープカリー イエローで一番人気メニューが「チキン野菜カリー」。
スープカレーの下にチキンレッグ、上に野菜たっぷりと。

追加でトッピングも可能です
各+100円〜納豆、温泉たまご、カマンベールフライなど
各+200円〜とろろ芋、鶏ごぼう団子など

HOW TO【スープカレーの食べ方】

1。まずは一口スープだけ、カレースープに使ってるスパイスなどを味わう。
2。スープだけを味わったら、スプーンでごはんを一口分すくい、スープを浸けて一緒に食べる。
3。具材や野菜はフォークとナイフで一口サイズに切りながら具材だけを楽しみます。
4。スープが少なくなったら、残ったごはんを入れて普段のカレーみたいにたべるのもアリです。

 

お店の情報

北海道札幌市中央区南3西1 エルムビル1F

営業時間:11:30〜21:30ラスト

定休日:12月31日〜1月1日

電話番号:011-242-7333

ホームページ:http://yellow1996.com

3。すすきのといえば魚介・海鮮【開陽亭 すすきの本店】

View this post on Instagram

2018.11.27 ディナー すすきの駅から徒歩🚶4分に海鮮料理がメインの居酒屋「#開陽亭 すすきの店」が新宿通りホワイトビルの地下一階にあります。 (北海道出身の知り合いからオススメされました) お店の状況によって、お席の時間が限られますが満足して帰れます♪💙 ① お刺身の盛り合わせ 2人前 (上から右…ホタテ、ホッキ貝、時サケトロ、甘エビ、ブリ、ゆでタコ、ニシン) ② 活イカおどり造り ③ イカげそは天ぷらか焼きが選べれます) ④ ホッキの塩焼き 半身 ⑤ 黒枝豆 . #jamieのスロー旅記録 #jamieの飲み歩き記録 #jamieの食べ歩き記録 #すすきの駅 #すすきの居酒屋 #札幌駅 #札幌居酒屋 #札幌観光 #すすきの観光 #写真撮ってる人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #旅行好きな人と繋がりたい #スロー旅 #スロートラベル #wheninjapan #discoverjapan #ig_sapporo #ig_japan #sapporo #susukino

A post shared by Jamieです。 (@jktatsu) on

札幌市すすきの駅から徒歩4分に札幌名物海鮮・活イカ造り料理が有名の「開陽亭 すすきの店」が新宿通りのホワイトビル地下1階にあります。

開陽亭 すすきの店のメニューの中でもやっぱりこの3つが一番人気名物です〜
1。活イカおどり造り、
2。うにぎり(中に塩ウニ&上に生ウニといくらが乗った贅沢なおにぎり)、
3。牡蠣(生&焼き)やっぱり北海道といえば濃厚な牡蠣ですね。

他にも人気メニューありすぎるので、優柔不断な方はご注意ですね。

お店の情報

064-0806  北海道札幌市中央区南6条西4 新宿通りホワイトビルB1

営業時間:
(月〜土)17:00〜25:00(料理ラスト24:15、ドリンクラスト24:30)
(日・祝日)17:00〜23:30(ラスト23:00)

定休日:なし

電話番号:011-562-2999

ホームページ:https://www.kaiyoutei.co.jp

メニュー:https://r.gnavi.co.jp/h044700/menu4/

総席数:70席(座敷席・座椅子あり)



4。ビール一杯が美味しく感じる札幌唐揚げ【札幌ザンギ本舗】

北海道で唐揚げといえば「ザンギ」です。
発祥の地は札幌ではなくて北海道釧路市なんですけど、やっぱり札幌でも欠かせないビールのおつまみです。
ザンギ専門店「札幌ザンギ本舗」では色んな種類のザンギが食べれるので、
飽きずにお酒のおともにイケます。

ザンギと唐揚げの違いについて詳しくはコチラへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 ベル食品 ザンギ名人 150ml ×5本【常】北海道お土産 ソウルフード
価格:2250円(税込、送料無料) (2018/12/1時点)

 

楽天で購入

 

 

お店の情報

北海道札幌市中央区南6条西4丁目

営業時間:(月〜土)16:00〜4:00、(日・祝)16:00〜25:00

定休日:なし

電話番号:011-596-6688

ホームページ:http://risotteria-gaku.net/parfait

Instagram:s_zangihonpo

支払い:現金・カード

チャージ:0時以降は深夜料金5%

席数:18席

Wi-Fi:あり

5。すすきので飲んだ帰りに食べたいしめパフェ【Parfaiteria PaL】

ここ最近すすきのでは飲んだあとに「シメパフェ」が定番になってます。
居酒屋からバーから専門店までシメパフェが食べれます。

すすきの地下鉄から徒歩3分に「夜パフェ専門店Parfaiteria PaL」リゾット専門店でもあり、シメパフェ専門店でもあります。

24時間のお店だと大勢で行くと時間忘れて結局朝までなる事が多いと思いますが、
「夜パフェ専門店Parfaiteria PaL」は深夜2時まで営業してるので、
飲んだ帰りに安心してシメパフェ食べて帰れます。
パフェは10種類以上、すべて期間限定です。

お店の情報

札幌市中央区南4条西2丁目10-1 南4西2ビル6F

営業時間:18:00〜26:00(ラスト25:30)

定休日:なし

電話番号:011-596-8607

ホームページ:http://risotteria-gaku.net/parfait

チャージ:なし

Wi-Fi:あり